トレンビュー!

人気のコスメ情報やランキング、トレンドファッションをご紹介

ヤーマンのスカルプドライヤーの効果が凄い!その全機能を解説

   

日本で初めて遠赤外線と美容音波振動を搭載したヤーマンブランドのスカルプドライヤーが美容マニアたちの間で話題になっています。

その名の通りスカルプ=頭皮をケアする効果を搭載したドライヤーですが、頭皮だけでなくキューティクルを復活させたり顔のフェイスラインを引き上げたりする作用もあるというまさに高性能な美容機器なんです。

今回はそんなスカルプドライヤーの国内初の機能や使い方、そして髪への効果を全て徹底解説していきたいと思います。

スポンサード リンク

 

スカルプドライヤーの効果一覧

このスカルプドライヤーを開発・販売しているのは創立40周年を迎えた日本の美容機器のパイオニアでもあるあのヤーマンです。

かの有名な総合毛髪企業アートネイチャーのサロンでも採用されているという実績ももっています。

今までに家庭用ボディケアマシンの「レイボーテ」やスキンケア家電の「RFボーテ」など数多くのベストセラーを生み出しているブランドの最先端ドライヤーということでその効果は必見です。

三種類の独自ヘッドで自動頭皮マッサージ

まず注目したいのは、普通のドライヤーとは違い、先端に「ヘッド」を取り付けて髪を乾かす仕組みになっているという点。

上の画像の「スカルプヘッド大」が基本的に一番よく使うことになります。シリコン製で二種類の形状をした突起がランダムに配置されています。

計算しつくされた構造によって指圧に近い感覚が再現されているため、まるで両手で頭皮マッサージをしているかのような効率的な頭皮ケア効果を生み出してくれます。

シリコンよりも少し硬い素材でつくられた「スカルプヘッド小(画像左)」は髪の根元を立ち上げる動きをしてくれるためボリュームアップの効果につながります。

「コームヘッド(画像右)」はヘアスタイルの仕上げに使い勝手の良いヘッド。前髪の分け目調整や毛先のハネなど簡単にスタイリングすることが出来ます。

これらのヘッドの使い心地がとにかく気持ち良いと口コミでも高い評価になっています。

美容音波振動であらゆるケアが可能

毎分約3,700回という美容音波振動が搭載されています。1秒当たりに換算すると60回以上の細かな振動を頭皮に与えることに。

この美容音波振動によって、人間の指で頭皮マッサージを行うよりも圧倒的に効率の良い頭皮ケアを実現。

髪の毛が弱々しくなってしまう皮脂による頭皮の詰まりを改善したり、固くなってしまった頭皮を柔らかくすることで髪に栄養を行き渡らせやすくする効果を発揮してくれます。

頭皮を引き上げて顔のリフトアップ

音波振動による頭皮の引き上げは顔のリフトアップ効果にもつながります。これだけのために頭皮マッサージを毎日自分の手で行っているという女性も多いです。

人間の後頭部・側頭部の筋肉は顔の筋肉と密接な関係性をもっているため、スカルプドライヤーでの頭皮への刺激・引き上げは顔のリフトアップに十分な期待が出来ます。

また、目に蓄積された疲れを取るという効果も。

遠赤外線で頭皮の弾力アップ

スカルプドライヤーには美容音波振動の他に遠赤外線=HEATRAY(ヒートレイ)機能が付いています。このW搭載が日本初。

この遠赤外線は髪の毛や頭皮の内側からやさしく温めるという効果があります。

なのでドライヤーを使い終わった頃には頭皮が温まり血行が促進されるのはもちろん、頭皮の弾力が約110%も上がることが実験結果で実証されています。

冷えて固い頭皮は髪の毛1本1本のツヤ・コシを減らしてしまう原因になってしまうのでこの効果も非常に優秀と言えます。

ほぼノーダメージでキューティクルが復活

美髪になるための必須条件として「キューティクル」という存在はあまりにも有名。

ですが実はこのキューティクル、熱に恐ろしく弱く壊れやすいんです。一般的なドライヤーを髪に近づけ過ぎたり同じ場所に当て続けたりしてしまうとすぐに傷んでしまうのです。

ですがヤーマン製のスカルプドライヤーの遠赤外線は、髪の水分を熱に変えるという特徴をもつため髪の毛や頭皮を乾燥させない=キューティクルを傷つけずに温めることが出来るのです。

さらに、「60℃」という低温風設計によってほぼノーダメージで髪を乾かすことが可能です。

*スカルプドライヤーの公式通販ページは以下から*

ヤーマン【スカルプドライヤー】

 

スカルプドライヤーの使い方

スカルプドライヤー本体には全部で3つモードが存在します。

  • DRYモード
  • SCALP「H」モード(スカルプHOTモード)
  • SCALP「C」モード(スカルプCOLDモード)

といっても使い方はいたって簡単。基本的にはこの3つのモードを上から順番に使っていくことになります。

DRYモードで髪を乾かす

髪をシャンプーしたあと軽くタオルドライしてからスカルプドライヤーを使っていきます。

三種類あるヘッドは付けずに、髪から最低10cm以上離して髪全体を乾かしていきましょう。

このとき、頭皮を乾かすことは意識しなくてOKです。

SCALP「H」モードで頭皮をもみ流す

髪の毛を乾かし終わったら一度電源をOFFにして、ヘッド大かヘッド小の好きな方を先端に取り付けます。(先端が熱くなっているので触らないように注意)

ヘッドを取り付けたらSCALP「H」モードを使用していきます。このモードでは画像のように頭皮にヘッドを当てて、自動でマッサージをしながら乾かしていきます

生え際から頭頂部に向けて少しずつ動かしていきます。基本的にはヘッド大がおすすめです。

ボリュームをアップさせたい場合はヘッド小を取り付けて根元を立ち上げるように動かします。

SCALP「C」モードで仕上げる

最後の仕上げにスカルプ「C」モードに切り替えます。その前にコームヘッドに付け替えておきましょう。

このモードでは冷風が出るため、自分の理想の「くせづけ」を行うことが出来ます

ストレートに伸ばしたい方は、髪の毛を大きく束で掴んでまっすぐに伸ばした状態でコームヘッドを通していきます。

スカルプドライヤーの使い方は以上です。

 

スカルプドライヤーの価格比較!最安値はどこ?

最後に、国内で最大規模を誇るショッピング通販サイトの「楽天市場」、「Amazon」、そして「ヤーマン公式サイト」でのスカルプドライヤーの価格を比較して、どのサイトで購入するのがいちばん最安値なのかを分かりやすくご紹介していきます。

楽天市場での価格

楽天市場の最安値は19,440円。

送料無料で楽天ポイントが付くという点がメリットですがこれといったキャンペーンやおまけは無く、この価格よりも安い通販サイトがあるためあまりおすすめは出来ません。

Amazonでの価格

Amazonの最安値は17,496円。

価格的には相場より少しだけ安い程度で、キャンペーンなどは特にありません。

そして品薄状態のことが多いのでこちらもあまりおすすめは出来ません。

ヤーマン公式サイトでの価格

ヤーマンの公式サイトでは定価4,000円の専用トリートメントがセットで付いてくるキャンペーンが実施されています。実質3,000円OFF。(スカルプドライヤーの単品購入もあります)

これは「公式サイト限定」のキャネペーンになっているので、スカルプドライヤーを最安値で手に入れたいという方はヤーマンの通販サイトが圧倒的におすすめです。

*ヤーマン公式通販サイトは以下からどうぞ*

ヤーマン【スカルプドライヤー】

 

いかがでしたか?

日本初の最先端機能を搭載した美髪のためのドライヤー。頭皮だけでなく髪の毛1本1本をも強く美しくしてくれる優れモノ。

気になる方はぜひ一度お試しあれ♪

 

←トレンビュー!TOPへ

スポンサード リンク

 - ヘアケア・シャンプー・育毛製品 , , ,

  関連記事