トレンビュー!

人気のコスメ情報やランキング、トレンドファッションをご紹介

シリコン入りとノンシリコンシャンプーのメリット・デメリット

      2014/11/29

【今回のお悩みカテゴリ】

「シャンプー/コンディショナー」・「ヘアケア」

55c015e69c22867b949f47f902251c3f_s

こんにちは!トレンビュー管理人です♪

今回は「シリコン入りのシャンプーとノンシリコンシャンプーの違い」についての知識記事になります。

一般的なシャンプーには基本的にシリコンが配合されています。

ノンシリコンシャンプーとはその名の通りシリコンが入っていない製品のこと。

早速これらの違いをトレンビュー!がご紹介して参ります。

スポンサード リンク

 

シリコンとは?

2e8ac716e5a67106227f8ec3c2fe4896_s

Qそもそもシリコンってどういうもの?

→シリコン(正式な表記名:シリコーン)とは、酸素とケイ素、有機基からなる有機化合物。熱や光に強く、柔軟性があり通気性も高いなどの特徴を持つ。

ほとんどのシャンプーにはこのシリコンが入っており、化粧品にも実は入っているものが多いです。

しかし、商品の成分表示欄にはシリコンと書かれているものはありません

「~~メチコン」・「~~キサン」などと書かれている成分がシリコンになります。

ノンシリコンシャンプーと言っておきながら、シリコンとほぼ同じ成分である「ラウリル系」と呼ばれる成分を入れて値段を釣り上げている悪質な商品も存在するので注意が必要です。

シリコン入りとノンシリコンシャンプーの違い

シリコン入りシャンプーとノンシリコンシャンプーにはそれぞれメリット・デメリットが存在します。

*青文字がメリット、赤文字がデメッリトになります。

【シリコン入りのメリット・デメリット】

・髪のキューティクル(ツヤ)を維持する

・ドライヤーの熱から髪を守る

・髪の肌触り、髪の通りを良くする

・髪を膜(まく)でコーティングするためヘアケア成分・栄養素が浸透しづらい

・毛穴が詰まりやすい(頭皮に付着した場合)

・パーマやカラーがかかりにくい

【ノンシリコンのメリット・デメリット】

・頭皮にやさしく毛穴が詰まらない

・頭皮の汚れをしっかりと落とせる

・ヘアケア成分(トリートメント成分)がスムーズに浸透する

・泡立ちにくい

・軋む

・髪をツヤ出しなどでコーティングしない

【簡単にまとめると】

・シリコン入りシャンプーは髪の見た目をキレイにして熱などから髪を守る。

・ノンシリコンシャンプーは髪のケアをきちんとしてくれて頭皮ケアにも良い。

シリコン入りは髪表面をラップコーティングするためメリット・デメリットがはっきりしていますね。

ちなみにテレビでよく見るものや市販のシャンプーはほとんどがシリコン入りのシャンプーになります。

例)*カッコ内はシリコンの成分表記名

花王・アジエンス(ジメチコン、アモジメチコン)

資生堂・TUBAKIコンディショナー(アミノプロピルジメチコン)

ユニリーバ・ダヴコンディショナー(アモジメチコン)

などなど。

シリコン入りかノンシリコンどっちを使えばいいの?

こればかりはどちらも優秀なメリットがあるので好みになってくるかと思います。

・おでかけのときなど、髪の見た目を良く見せたいならシリコン入り。

・休日の前の日などで髪や頭皮をしっかりケアしたいならノンシリコン。

などなど、ご自身の目的に応じて使うものを考えていくのが良いかと思います♪

一番のオススメは、シャンプーはノンシリコンシャンプーを使い、トリートメントやコンディショナーはシリコン入りを使うというように組み合わせて使うことですかね。

ただし品質の良くないシリコン入りのコンディショナーは、髪の見た目だけを良くしようと誤魔化しているだけので、なるべく上質なものをお使いくださいね。

 

ノンシリコン アミノ酸 シャンプー&コンディショナー

 

▼美容ブログランキングに参加しています。応援クリックして頂けるとうれしいです!▼

にほんブログ村 美容ブログへ

 

←トレンビュー!TOPへ

スポンサード リンク

 - 髪・ヘアケアの知識 ,

  関連記事