トレンビュー!

人気のコスメ情報やランキング、トレンドファッションをご紹介

お肌を構成する4つの超重要成分こそが美肌への近道

      2014/11/29

【今回のお悩みカテゴリ】

「お肌の悩み全般」・「美容成分」

fa6377dc98fe0fb4d3e1d56e1f808586_s

こんにちは!トレンビュー管理人です♪

今回は

「お肌にとっての最重要成分」

についての美容知識記事になります。

それでは早速ご紹介して参ります♪

スポンサード リンク

 

お肌の構造と構成成分

2e8ac716e5a67106227f8ec3c2fe4896_s

肌というものは薄い皮1枚のつくりでは決してありません。

実は大きく分けて3つの層に分かれているのです。

(肌の外側から)

①表皮(ひょうひ)②真皮(しんぴ)③皮下組織(ひかそしき)

という構造。

人間はこの表皮や真皮などに元から美容成分をいくつか持っています。

その持っている美容成分こそが

潤いやキメ、ハリなどを左右させているのです。

人間の肌が持つ美容成分のうち最重要なのは

4種類!

これらの成分が加齢やストレスなどの原因で減少することで、お肌のトラブルや老化につながるのです。

それらを簡単に分かりやすくご紹介していきます。

①コラーゲン

人間の表皮の1つ奥の構造である「真皮」に存在する成分の1つ。(本当はコラーゲン線維と呼びます)

真皮のうちの約70%はコラーゲンが支配しています。

実は骨や血管の中、目の中の水晶体にすら存在します。

かなり高い知名度なだけあって、お肌にとっても最重要成分の一つになります。

Qコラーゲンの効果・役割とは?

→ざっくり言うと「バネ」のような役割をしてくれる存在。肌のハリなどの弾力性に大きく関わってきます。その他にも、髪や関節痛、目の健康などにも関わっています。

②ヒアルロン酸

コラーゲン線維と同じく、真皮を構成する超重要成分の1つ。

Qヒアルロン酸の役割・効果とは?

→コラーゲンがバネなら、ヒアルロン酸は「クッション」のような役割を持つ。特に水分を保つ能力が非常に優秀で、保水力はヒアルロン酸自身の重さの約6,000倍と言われます(ヒアルロン酸が1kgとしたら、その保水力は6トン)。なので、お肌にとっての潤いや、シワ、たるみなどに大きく関わってきます。

③エラスチン

真皮を構成する成分の1つ。

コラーゲンやヒアルロン酸に比べると知名度はぐっと下がりますが、これも超重要成分に変わりはありません。

Qエラスチンの効果・役割とは?

→こちらは「ゴム」のような役割・存在。実はタンパク質の一種で、ゴムのような能力でコラーゲン繊維に絡みついて繋ぎ止めている。そのため、肌の柔軟性が主な効果になりますが、他にも弾力性や、シワ、たるみなどにも大きく関わっている。

④セラミド

①~③は真皮に存在する成分ですが、この「セラミド」は表皮の角質層に存在する成分になります。

最近の美容業界でも大人気の成分です。

Qセラミドの効果・役割とは?

「スポンジ」のような役割を持つ成分。細胞と細胞の間で、スポンジのように水分や油分を保持する能力をもっています(細胞間脂質)。そためお肌や髪の潤いにっての超重要成分であり、外的刺激が肌の奥へ伝わるのを防いだり、肌の水分蒸発を防ぐバリアのような重要な役割も持っている。

まとめ

以上の4種類が、今回で言う「お肌をつくっている最重要成分」になります。

細かいことを言うと

「繊維芽細胞(せんいがさいぼう)」

という細胞がこれらの成分を生み出しています、

なので人間のお肌にとって一番大事なのは「繊維芽細胞」だと言うこともできるのですが、これはまた別の機会に紹介できればなと思っています♪

あくまでも「大事な美容成分」は上の①~④の成分です。

お肌にもともと存在していて、ハリやシミ・シワ・たるみなど全て管理しているのですから。

スキンケアを本気でやりたい方などは、これらの成分を意識してみてはいかがでしょうか♪

トレンビューの記事をお読みいただきありがとうございました☆

 

▼美容ブログランキングに参加しています。応援クリックして頂けるとうれしいです!▼

にほんブログ村 美容ブログへ

 

←トレンビュー!TOPへ

スポンサード リンク

 - 美肌・スキンケアの知識 ,

  関連記事