トレンビュー!

人気のコスメ情報やランキング、トレンドファッションをご紹介

暑い夏でも熟睡する方法4つ

      2015/08/18

夏はとにかく暑い。昼間はもちろん、夜なんかも暑くてなかなか寝られない!という方は多いんじゃないでしょうか?実は気温や体温は人間の寝付きに大きく関係しているのです。

暑い夏でも熟睡する方法

そこで今回は、「暑い夏の夜でも熟睡する方法」を4つご紹介!

寝付き&寝起きをよくして女子力アップです♪

 

夏の夜に熟睡する方法

気温や体温は人間の寝付きやすさに大きく関係しています。まずはそれを簡単に理解しておきましょう。

, 体温が高いと眠れない?

人の体は、寝ようとベッドにインした瞬間から睡眠モードへと移行しようとします。眠っている間は体の活動が減り、日中に受けた疲れやダメージを修復しようとします。なのでもちろん眠っている間は体温が下がっている状態。

つまり、熟睡するためには「低い体温」が必要なのです。

体温を下げることに着目して、夏でも熟睡する方法たちをご紹介していきます♪

 

1:冷房を適温で付ける

暑い夏でも熟睡する方法-冷房

冷房嫌いな人もちらほらいたりしますが、夏に熟睡するためには冷房は必須です。

人が快適に寝付ける温度は27度~28度。なのでそのくらいの温度設定にして、タイマーを1時間~2時間程度にセットしてベッドインするのが理想的。眠るときに体温の上昇を防げるため寝付きやすくなります。

除湿やドライモードも有効。眠るのに快適な湿度は50%~60%。ベタつくような夏の日の夜は除湿モードで眠りにつくのもありですよ。

 

2:冷感アイテムを使用する

暑い夏でも熟睡する方法-冷感アイテム

一番オススメなのは氷枕。頸動脈を冷やすことになるため冷えた血液が体に巡り眠りやすくなります

直接氷枕を引くのは冷たすぎるためタオルなどで巻いて首下に置くようにしましょう。結露でシーツや布団が濡れてしまうのも防げます。

あとはケーキなどについてくる小型の保冷剤をワキに挟んで寝るのも効果的。とにかく体温を適度に下げて熟睡できるようにするのがポイントです。

スポンサード リンク

 

3:パジャマを変える

暑い夏でも熟睡する方法-パジャマ

夏の暑い夜は、実はパジャマを着るよりも裸で寝た方が数倍熟睡しやすいです。特に上半身が重要。

裸で寝るのに抵抗がある場合は、タンクトップなどの肩が出た服を着て寝るようにすればOKです。ただし必ず吸汗性のある素材にすること。汗の吸収が悪いと夜中に目が覚めてしまったり起きた時の不快感が凄まじいです。

ちなみに、お腹より下の部分はなるべく冷やさないようにするのがポイント。上半身は裸やタンクトップ、下半身は夏用のパジャマといった組み合わせがベストです。

 

4:快眠アイテムを使用する

暑い夏でも熟睡する方法-快眠アイテム

こちらは熟睡するための最終兵器。例えばリラックス成分によって寝付きをよくしてくれる快眠サプリだったり、涼しくて眠りにつきやすくなる安眠枕など多種多様なアイテムが存在します。

お金をかけたくない場合は乳製品やナッツ類を昼食で食べるのもgood。これらの食品にしか含まれていないトリプトファンという貴重成分がセロトニン→メラトニンと分泌されて快眠効果をもたらせてくれますよ。

>>夏でも超熟睡できるヒンヤリ安眠枕はこちら<<

 

▼美容ブログランキングに参加しています。応援クリックして頂けるとうれしいです!▼

にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ

 

←トレンビュー!TOPへ

スポンサード リンク

 - 健康系の知識 ,

  関連記事