トレンビュー!

人気のコスメ情報やランキング、トレンドファッションをご紹介

肌荒れの原因?お肌に悪い食べ物5選

   

日ごろ肌荒れなどの肌トラブルに悩んでいる方は非常に多いです。

前まではツルツルだったのに最近肌荒れが目立ってきた、なんてケースも。実はそんな肌トラブルの原因は普段食べている食べ物のせいかもしれないのです。

肌荒れの原因?お肌に悪い食べ物

そこで今回は「お肌に悪い影響を与える食べ物」を5つご紹介。

原因をきちんと把握して肌荒れを防ぎましょう♪

 

お肌に悪い食べ物5つ

全部で5つ、それぞれ何故肌に悪いのかも記載しています。

毎日食べている!という方は要注意。今日からでも改善するよう心がけましょう♪

 

1:インスタント系・加工食品系

肌荒れの原因?お肌に悪い食べ物2

カップラーメンなどのインスタント系食品、ハンバーガーやスナック菓子のようなジャンクフード全般はかなりお肌に悪影響を与えます。

とにかく高エネルギーなのに栄養が異常に少ないor栄養が偏り過ぎといった特徴を持つため、お肌にビタミンなどの栄養・美容成分が全く回ってこなくなってしまうのがその原因。さらに不飽和脂肪酸が多い油が使用されているため皮脂分泌を促してしまうなんてこともあります。

また、加工食品は添加物が豊富に含まれているため、お肌だけでなく骨や血液や内臓など、健康全般に悪いと言えます。

コンビニのお弁当やおにぎりですら加工されているものがほとんどなため注意しましょう。

 

2:スイーツ系・砂糖系

肌荒れの原因?お肌に悪い食べ物3

糖分はお肌の天敵。特に炎症や赤ニキビなどの肌荒れは「砂糖」が原因の場合が多いです。

糖分の多い甘い食べ物を食べ過ぎると、とにかく体内のアクネ菌やカビ菌が増殖します。なので甘い食べ物が好きな方は平均より格段にニキビが出来やすいです。

一番注意なのはコンビニの菓子パンとコンビニのケーキ。カロリーが異常に高く糖分も驚きの量。そして添加物満載というお肌を悪くさせるためのような食べ物です。

特に夜よく甘いものを食べるという方は、ニキビの大好物である糖分をより吸収している恐れがあるので絶対注意です。

スポンサード リンク

 

3:乳製品系

肌荒れの原因?お肌に悪い食べ物4

長年がんこなニキビにずっと悩まされているといった方に多いのが実は乳製品。該当するのはヨーグルト・牛乳・チーズなど。

乳製品を毎日欠かさず食べている&ニキビに悩んでいる、という方は一度乳製品を一切やめてみてください。そうすることでニキビがキレイさっぱりなくなったという方が実際多く存在します。

乳製品系の食べ物で肌荒れが起こる原因は単純。日本人の80%が乳製品を上手く分解できないためです。

毎日食べていてお肌の調子が悪いという心当たりがある場合はとにかく一度やめてみましょう。

 

4:ナッツ系・種実系

肌荒れの原因?お肌に悪い食べ物5

アーモンドやピーナッツなどがこれに該当します。その特徴は脂質の多さ。なので食べ過ぎると肌の皮脂分泌を増加させてしまい、その結果肌荒れを引き起こしてしまうこととなります。

厄介なのは、食べやすいせいでどんどん頬張ってしまう点。少しで抑えられるのならそこまで問題はありませんが、毎日はやめましょう。

 

5:カフェイン系

肌荒れの原因?お肌に悪い食べ物6

意外にもカフェインの多く含まれる食べ物(飲み物)はお肌に悪かったりします。

その原因の犯人はカフェインの持つ利尿作用。普段よりも多く体の外へ水分を出そうとする作用です。

これによって気づかないうちに軽めの脱水症状となり、体内の水分が不足してしまうため、肌にたるみが出てしまったり潤いが失われたりすることとなってしまうのです。

特に汗をかく夏場は要注意。どうしてもコーヒーなどのカフェインを摂りたいという方はその分お水をたくさん飲むようにしましょう。

 

お肌に悪い食べ物5つ、いかがでしたか?

もし心当たりがあるという方は一度食生活を見直してみましょう。少なからず良くなるはずですよ♪

 

 

▼美容ブログランキングに参加しています。応援クリックして頂けるとうれしいです!▼

にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ

 

←トレンビュー!TOPへ

スポンサード リンク

 - 肌トラブルの知識 ,

  関連記事