トレンビュー!

人気のコスメ情報やランキング、トレンドファッションをご紹介

プロテオグリカンとは何者?化粧品での美肌効果まとめ!

   

「プロテオグリカン」というここ数年で一気に知名度を伸ばしている成分を皆さんはご存知でしょうか?最新の化粧品なんかでも良くお目にかかることのできるトレンドな人気者。

でも一度は聞いたことがあるけどどんな特徴があって人にどんな効果をもたらしてくれるのかはよく知らない・・・。なんて方がほとんどだと思います。

プロテオグリカンとは?化粧品の効果

プロテオグリカンのことを調べてはみたけど医学的だったり科学的なことが書かれていてよく分からない!という方も少なくないはず。(実際に検索してみると医学系の記事がかなり多いです)

そこで今回はプロテオグリカンが一体どのような成分なのかを、「化粧品におけるプロテオグリカン」という点にフォーカスして分かりやすく解説していきたいと思います。

スポンサード リンク

 

プロテオグリカンとはどんな成分?

プロテオグリカンとは

まずはプロテオグリカンそのものが一体どういう成分でどんな存在なのかを説明していきます。

多少科学チックな解説もありますがどなたでも分かるようにまとめていきます。

プロテオグリカンはたんぱく質と糖が合体したもの

プロテオグリカンは二つの単語から出来た言葉です。

語呂的には「プロテ・オグリカン」が言いやすいのですが実は「プロテオ・グリカン」が正解。

プロテオはプロテイン(protein)、つまりたんぱく質という意味。グリカン(glycan)は正式にはグリコサミノグリカンと言って、多糖類という意味の言葉になります。

つまりプロテオグリカンとは、たんぱく質を中心(コア)に周りに糖が結合した成分なんです。

プロテオグリカンは人間の体内に存在する

あまり知られていないのですが、プロテオグリカンは本来私たちヒトの中にもともと存在する成分なんです。

部位で言うと「軟骨部分」や「皮膚内」に多くみられ、細胞と細胞の間を満たすことで美肌にかかせない保水効果を日々発揮してくれています。

同じく皆さんの体内に存在する超有名成分の「コラーゲン」や「ヒアルロン酸」と同じような働きをしているのですが、正直プロテオグリカンの方がかなり貴重です。

プロテオグリカンの歴史

プロテオグリカンが世界で初めて発見されたのは1970年。グリコサミノグリカン(多糖類)の研究中にたまたま発見される形になりました。

ちなみに19世紀末(1800年代後半)に発見されたと書かれたサイトがたまにありますが、実はそれは間違いで19世紀末に発見されたのはコンドロイチン。

プロテオグリカンは意外と昔からありそうで実はそこまで歴史が長くない世界的にも新しい成分なのです。

ですが当初は牛の「気管軟骨」というごくわずかな部位でしか抽出することが出来ず、当時の成分価格はなんと1gで3,000万円という破格の値段が付けられていました。

肌への効果が高いということは十分に知られていましたがあまりに高価なものだったため、一時は伝説の成分として世に出回ることはないのではないかとまで言われていました。

現在は鮭の鼻から簡単に抽出することが可能に

発見当初は牛の軟骨からしか摂れずかなり貴重な存在だったプロテオグリカンですが、後に鮭の鼻の軟骨部分にもプロテオグリカンが含まれていることが判明します。

これに着目した青森県の弘前大学医学部の教授が1998年から研究を開始。絶え間ない研究の結果、鮭の鼻の軟骨部分から低コストで高純度なプロテオグリカンを抽出することに成功しました。

それを経て2009年の春、ついに化粧品向けのプロテオグリカンが日本国内で初めて発売されることになったのです。

 

プロテオグリカンの化粧品における美肌効果4選

プロテオグリカンの化粧品における効果

ここからは、化粧品に配合されているプロテオグリカンがどのような美肌効果を生みだしてくれるのかを解説していきます。

最後にはおすすめの原液系プロテオグリカンコスメもご紹介しています。

保水効果がとにかく高い

保水効果とは、肌表面の水分量を上げる保湿効果とは違って肌内部の水分量を持続させる作用のこと。

保水力の高い成分として挙げられるのがかの有名なヒアルロン酸。1gで約6リットルもの水分を保水することで有名ですが、プロテオグリカンの保水力はなんとヒアルロン酸の1.3倍にもなります。

保水効果が高いということは、インナードライスキンといった肌の根本からくる乾燥を防ぐことはもちろん、乾燥によって発生するあらゆる肌トラブルの改善に対応することが出来ます。

しかもプロテオグリカンにはヒアルロン酸特有のべたつきが無くサラっとした性質を持っているため、コスメとしての使い心地も向上させてくれる存在として今や各化粧品メーカーに引っ張りだこなんです。

EGFに似た作用で美肌をサポート

プロテオグリカンにはEGFという美肌にはかかせない成分の作用に似た効果を持っていることが研究で判明しています。

EGF(Epidermal Growth Factor)とは上皮成長因子や細胞再生因子と呼ばれるもので、グロースファクター成分の1種にあたります。

肝心な肌への効果はというと、皮膚や上皮にアプローチすることで新しい肌細胞に生まれ変わるのを促進したり、ダメージを受けて弱った肌細胞の修復効果などがあります。

いわゆるターンオーバーの促進作用といった感じで、プロテオグリカンにはこの効果にも十分期待が出来ます。

抗酸化作用でアンチエイジング効果も

プロテオグリカンは今のアンチエインジング業界で最重要項目となっている抗酸化作用をもっています。

抗酸化作用とは読んで字のごとく、「酸化を抗う(抵抗する)」という働きのこと。

分かりやすく言うと、体内で知らないうちに発生してしまう活性酸素によって細胞がサビてしまう(=酸化)のを防ぐといったもの。

細胞がサビる(酸化する)ということはダイレクトに老化につながるとされています。つまり肌にシミやシワが出来やすくなるのはもちろん、乾燥しやすくなったりとにかく老けてしまうのが酸化というもの。まさに美肌の天敵。

そんな酸化を防ぐ抗酸化作用をもったプロテオグリカンは、アンチエイジング面でも期待のできる成分と言えます。

抗炎症作用でシミを改善

炎症は有名なところで言うとニキビをはじめ肌にとって様々な悪影響を及ぼす存在です。

女性の肌の悩みの中でもランキング上位常連である「シミ」なんかも実は紫外線を受けて細胞が炎症を引き起こして発生するものなんです。

プロテオグリカンには、体内の炎症を引き起こす物質や炎症を起こそうとしている細胞を抑える効果があります。

さらに、人間が元々もっている「サイトカイン」という炎症を抑えるたんぱく質成分をサポートする作用までももっているのです。

プロテオグリカンは対炎症のプロフェッショナル成分でもあるのです。

おすすめのプロテオグリカン化粧品は?

プロテオグリカンのおすすめの化粧品

ここまでご紹介してきたプロテオグリカンですが、今では数多くの化粧品が存在しています。

中でも人気で売れに売れているのがフラコラ(fracora)の『プロテオグリカン原液』

高純度のプロテオグリカンが原液で配合されている原液コスメで、乾燥肌の改善や目元・口元の年齢サインのケアに高い効果を発揮してくれる一品です。

15日分のお試しサイズが税込で980円とかなりお得なキャンペーンも実施されているためはじめての方でも試しやすい点もおすすめの理由です。

プロテオグリカン系の化粧品を探しているけどどれがいいか分からない!という方はぜひ一度お試しあれ。

☆フラコラの「プロテオグリカン原液」公式通販サイトは以下から☆

保水力はヒアルロン酸と同等以上!?プロテオグリカン原液【お試し980円】

 

いかがでしたか?プロテオグリカンは今や美容だけでなく食品などにも活用されているほどの人気っぷり。まずは化粧品でその効果の高さを体感してみてください♪

 

←トレンビュー!TOPへ

スポンサード リンク

 - 美肌・スキンケアの知識 ,

  関連記事