トレンビュー!

人気のコスメ情報やランキング、トレンドファッションをご紹介

女子力バツグン!「パンシェルジュ検定」とは?

   

みなさんは「パンシェルジュ」という資格をご存知ですか?なんだかプロ感漂う格好いい名前なので縁がないように思えますが、実は検定に合格すれば誰でもなれる資格の1つなのです。

女子力バツグン!「パンシェルジュ検定」とは?

パンシェルジュはいわばパン界のソムリエのようなもの。そこで今回は「パンシェルジュ検定の正体と実際の検定問題」を簡単にご紹介!

パン好き女子にはたまらない資格をゲットして女子力アップです♪

 

パンシェルジュ検定とは?

パンシェルジュ検定には3級→2級→1級の順でグレードが存在します。その前にそもそもパンシェルジュとは一体何なのでしょう。

Q,そもそもパンシェルジュって何?

簡単に言うと「奥深いパンの世界を迷うことなく案内できる知識を持った人」なのがパンシェルジュ。パンの種類や味、食感、香りなどはもちろん、パンの歴史や器具、材料やマナーなどを知り尽くしたれっきとした資格なのです。

そんなパンシェルジュになるためのパンシェルジュ検定。3級から少しずつ過去の問題をいくつかご紹介していきたいと思います♪

 

パンシェルジュ3級 過去問題

パンシェルジュ検定-3級問題

まずは3級から。一番下の級ですが正直難しくて侮れません。あなたは何問解けますか?

*本来は4択問題や穴埋め問題ですが○×形式にアレンジしています。

▼パンシェルジュ検定3級▼

Q1,丸パンの生地作りの材料の準備で「イースト液」は作ってから5分以上寝かせておく。

Q2,コロンブスのアメリカ大陸発見前、アメリカ原住民が焼いて食べていた物は小麦を原料にしていた。

Q3,明治時代に天皇に献上されたことで日本の代表的なパンとなったのはコッペパンである。

Q4,イタリア北部でミケッタとも呼ばれ、その形から薔薇の意味を持つ「ロゼッタ」はローマの伝統的なパンである。

Q5,紀元前3200~200年ごろエジプトで誕生した発酵パンは、当時人々から「神からの贈り物」と考えられていた。

 

みなさん解けましたか?3級なのにかなりマニアック。

答えは上から「×、×、×、○、○」です。いくつか補足&解説を♪

☆補足・解説☆

Q1,イースト液は作ってから5分以内に使用しなければなりません。

Q2,当時のアメリカ原住民はトウモロコシを原料にしていました。

Q3,明治天皇に献上されたことで日本の代表的なパンとなったのはあんパンです。

スポンサード リンク

 

パンシェルジュ検定2級 過去問題

パンシェルジュ検定-2級問題

お次は2級。さらに専門的知識や歴史知識が要求されます。

*本来は4択問題や穴埋め問題ですが○×形式にアレンジしています。

▼パンシェルジュ検定2級▼

Q1,フランスの生物学者ルイ・パスツールは、酵母が糖分を分解して「アルコール」と「炭酸ガス」を生成することを立証した。

Q2,ワインとパンとの相性を考えた際、甘口のロゼワインと合わせるとおいしさが最も引き立つパンはカレーパンである。

Q3,イギリスパンのこね上げ生地温度で適切なのは30℃~32℃である。

Q4,パン酵母として最も適している菌種は「サッカロミセス・セルヴィシエ」である。

Q5,1680年に酵母を顕微鏡で発見したアントニ・ファン・レーフェンフックはイギリス人である。

 

これ1級じゃないの?と思ってしまうほどの難しさ。もはや世界史ですね。

答えは上から「○、○、×、○、×」です。

☆補足・解説☆

Q1,ルイ・パスツールは酵母の増殖・生成活動の発見の他に、狂犬病ワクチンやニワトリコレラワクチンなどを発明しました。

Q3,適切温度は28℃~30℃です。

Q5,イギリス人ではなくオランダ人です。

 

パンシェルジュ検定1級 過去問題

パンシェルジュ検定-1級問題

最後はパンシェルジュの最上級難易度1級です。

*本来は4択問題や穴埋め問題ですが○×形式にアレンジしています。1級のみレポート形式の課題提出があります。

▼パンシェルジュ検定1級▼

Q1,パン・オ・セーグルと一緒に食べるとおいしさが引き立つとされるフランス料理はラタトュイユである。

Q2,売上高2146万円、在庫金額37万円の場合の在庫回転数は「58回転」で1回転の日数は「約6,3日」である。

Q3,フランスで小麦粉の栽培に最も適している気候は地中海性気候ではなく大陸性気候である。

Q4,リテイルショップのひとつで、コンセプトをより明確に打ち出し、高付加価値の商品やサービスを展開しているパンのショップ形態はチェーンベーカリーと呼ばれる。

Q5,パンショップを開店するには「管轄の保険所」に提出する。その際、「菓子製造業」で許可を取得するが、サンドイッチを作る場合は「飲食店営業」になる。

 

パンの知識や歴史はもちろん、営業や経営などといった総合知識も必要となってくる1級。さすが最難関です。

答えは上から「×、○、○、×、○」です。

☆補足・解説☆

Q1,ラタトュイユよりも鴨のオレンジソースが適しているとされています。

Q2,売上高(2,146万円)÷在庫金額(37万円)=在庫回転数(58回転)。1年365日÷在庫回転数(58回転)=1回転の日数(約6,3)となります。

Q4,この形態の場合はチェーンベーカリーではなくブーランジェリーと呼ばれます。

Q5,サンドイッチを作る場合は飲食店営業の許可が必要になるのに加え、牛乳を販売する場合は乳類販売の許可も必要になります。

 

パンシェルジュ検定3級~1級、いかがでしたか?パンシェルジュになるにはやはり勉強あるのみ。誰でも簡単に受験できるのでまずは3級から資格をゲットして女子力アップさせちゃいましょう♪

 

 

▼美容ブログランキングに参加しています。応援クリックして頂けるとうれしいです!▼

にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ

 

←トレンビュー!TOPへ

スポンサード リンク

 - 女子力アップの知識 ,

  関連記事