トレンビュー!

人気のコスメ情報やランキング、トレンドファッションをご紹介

化粧ノリを良くする方法や習慣4選

   

化粧のノリが悪いと肌がくすんで見えたりカサカサに見えたり、粉がふいてしまったりすぐに落ちてしまったりと悪いことだらけ。1日のモチベーションがガクっと下がってしまいますよね。

化粧ノリを良くする方法

そこで今回は誰でも簡単にできる「化粧ノリを良くする方法」を5つご紹介!

毎日の化粧ノリを良くして女子力もアップです♪

 

化粧ノリを良くする方法たち

化粧ノリを良くするか悪くさせるかのポイントは、①生活習慣と②スキンケア③メイクテクの3つになってきます。

そんな3つのポイントを前提に化粧ノリをよくする5つの方法をご紹介していきます。

 

1:ミルククレンジングを使う

化粧ノリを良くする方法-ミルククレンジング

洗顔は顔のお手入れの基本中の基本です。汚れが残っているとお肌のターンオーバー周期が狂ったり外からの刺激に弱くなったりしてしまいます。

といっても強すぎる洗顔料(オイルテクスチャーやジェルテクスチャー)は汚れごと皮脂まで落としてしまうため、肌に最もやさしいミルクテクスチャーのクレンジングを使うようにしてみて下さい。クリームタイプもおすすめです。

ミルクタイプは洗浄力が少し弱いので、毛穴に汚れが残らないようしっかり洗い落すのがポイントです。

 

2:12時までに寝る

化粧ノリを良くする方法-寝る

睡眠も美肌の基本中の基本です。夜更かしするのとしっかり寝るのとでは化粧ノリもかなり変わってきます。

翌日の化粧ノリが最も良くなるには、夜の10時から夜中の2時までに寝ること。この時間帯は美肌のゴールデンタイムで、最も肌の再生や栄養循環を行う時間帯なのです。習慣化できればこっちのもの。

といっても夜の10時は早すぎる、という方は12時あたりを目安に就寝するようにしましょう。

スポンサード リンク

 

3:乳液は温めてから

化粧ノリを良くする方法-乳液

毛穴の開きを抑えるために冷たい乳液を使う。これは実は間違いで、乳液が冷たいままだとすぐに毛穴が閉じてしまうため、肌の奥まで浸透してくれないのです。

なので乳液を使用する際は手の平に出して少し待つ。これだけで乳液が人肌に温まるため浸透力がグッとよくなります。もちろん化粧ノリも良くなるはず。

人肌の乳液使用後は冷たいタオルで顔をやさしく覆ってあげるとgood。仕上げとして毛穴が引き締まってくれます。

 

4:乳液後は少し待つ

化粧ノリを良くする方法-乳液2

乳液が終わった後、すぐにベースメイクを開始する人は多いです。実は乳液がお肌にしっかりと浸透するのにかかる時間は約5分。なので乳液後にすぐにメイクを開始してしまうと、表面に残った乳液が原因で化粧ノリが悪くなってしまうのです。

さらにファンデーション前の化粧下地は必ず行うようにしましょう。先にいきなりファンデーションを使用するのはNGです。(特にパウダーファンデーションを使う場合化粧下地は絶対必須)

乳液後5分松+化粧下地を必ずつける、という2つのポイントを押さえれば化粧ノリが良くなるはずです。

 

5:パフをお手入れする

化粧ノリを良くする方法-パフ

してない人もかなり多いですが、メイクに使用するパフをお手入れすることは化粧ノリを良くする方法としてなかなか大事。

洗っていないパフには、夏場で約10万の細菌が発生しています。つまり毎日お肌に菌を塗りたくっていることに。

☆パフのお手入れ方法☆

専用のクリーナーか、無ければ石鹸をパフにつけてぬるま湯で手洗いするだけ。強くし過ぎると形が崩れるのでやさしくお手入れしてあげましょう。

洗った後はタオルなどで挟んで水気を切りつつ陰干しすればOKです。洗うスパンの理想は2日に1回です(夏場)。

いかがでしたか?今回ご紹介した方法と習慣を意識すれば化粧ノリは格段に良くなるはず。ぜひトライして美肌ゲット&女子力アップです♪

 

コスメ・コム

 

▼美容ブログランキングに参加しています。応援クリックして頂けるとうれしいです!▼

にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ

 

←トレンビュー!TOPへ

スポンサード リンク

 - 美肌・スキンケアの知識 ,

  関連記事