トレンビュー!

人気のコスメ情報やランキング、トレンドファッションをご紹介

メイク崩れを防止するテクニック5選

   

暖かい季節になり始めるとだんだん気になってくるのがメイク崩れ。メイクがヨレてしまったりテカってしまったり。

外出先でそうなってしまうと気になって仕方がない。モチベーションも女子力もダウン・・・。

メイク崩れを防止するテクニック

そこで今回は「メイク崩れを防止するテクニック」を5つご紹介♪

 

メイク崩れ防止のためのテクニック5つ

そもそもメイク崩れは何故起こってしまうのか。

実は様々な原因が存在するのですが、その原因さえ意識してしまえばメイク崩れは格段に起きづらくなります。

それでは1つずつご紹介していきます♪

 

1:過剰な皮脂分泌をメイクで整える

メイク崩れを防止するテクニック2

特に夏場など、汗でメイク崩れが起こりやすいと思いがちですがそれよりもはるかにメイク崩れを引き起こしてしまうのが過剰な皮脂の分泌です。

過剰な皮脂の分泌は、不安定な食生活・生活リズムやスキンケア不足などが原因です。

☆皮脂分泌が多い場合のメイクテクニック

①,まず余分な皮脂を取り除く(Tゾーンなど)

②,収斂作用(しゅうれんさよう・アストリンゼント効果)を持つ化粧水で気になる部分に染み込ませる。

③,化粧下地を塗った後、皮脂吸着効果のある(パウダー)ファンデーションで肌をやさしく押さえつつ塗る。

 

 

2:毛穴を引き締める

メイク崩れを防止するテクニック3

こちらも皮脂分泌を防いでメイク崩れを防止するテクニックの1つ。

毛穴が開いてしまうと皮脂分泌が自然と多くなってしまいます。実はこの毛穴の広がりは冬場などの乾燥でも引き起こってしまうのです。(夏場のエアコンなども)

毛穴を引き締める方法はいたって簡単で、お顔に冷たいペットボトルなどを押し当てるだけ。それだけでメイク崩れの最大の原因である皮脂は表面に出てこれなくなるのでかなり効果ありですよ♪

スポンサード リンク

 

3:UVケアアイテム選びを慎重にする

メイク崩れを防止するテクニック3

紫外線の強くなる5月・6月以降は必須アイテムな日焼け止めクリーム。メイク崩れとは関係なさそうですが、適当な商品を選んでしまうとメイクが台無しになってしまう場合が多いです。

ポイントは、「皮脂への吸着力が高いタイプのUVケアアイテムを選ぶ」こと。特にTゾーンはこのタイプの日焼け止めクリームを塗るようにしましょう。

UVカット効果が高いらしいからこれにしよう!といった選び方をするのではなく、お肌の呼吸を邪魔しない&皮脂吸着の高いものを選びましょう♪

 

4:ティッシュで脂とりを行う

メイク崩れを防止するテクニック4

脂とりといえば脂とり紙。ですが、実はティッシュを使った方がメイク崩れを防止しやすかったりします。

☆ティッシュでの脂とり方法

①,ファンデーションを塗った後に行う。

②,ティッシュを1枚とり、2枚重ねになっているので1枚はがす。

③,優しく押さえながら脂をとる。

ポイントはファンデーション後に行うという点。化粧下地やファンデーションにはたいてい油分が多く含まれているため、ファンデーション後に脂をとることで最もメイク崩れの予防になるのです。

脂とり紙を使用しているという方は、是非一度ティッシュでの脂とりを数週間続けてみて下さい♪

 

フェイスパウダーを冷蔵庫で冷やす

メイク崩れを防止するテクニック5

メイクの最終工程に使用するフェイスパウダー。ファンデーションの中でも最も粉分が多く、メイク崩れを防ぐためには必須なコスメアイテムの1つです。そんなフェイスパウダーにも色々あり、皮脂分泌に弱いものや強いものが存在します。

お持ちのフェイスパウダーが皮脂分泌を防ぐ効果が高いのか分からない!効果がない!といった方は、1度冷蔵庫で冷やしてから使用してみて下さい。

普段よりも粉感が増し、皮脂に強い効果が高まってメイク崩れを防止しやすくなるはずです♪

 

メイク崩れを防止するテクニック、いかがでしたか?

ほとんどの原因は皮脂の分泌。これらのテクを使って女子力アップです♪

 

 ☆↓毛穴を引き締めてメイク崩れを防ぐクールファンデーション

 

▼美容ブログランキングに参加しています。応援クリックして頂けるとうれしいです!▼

にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ

 

←トレンビュー!TOPへ

スポンサード リンク

 - 肌トラブルの知識 ,

  関連記事