トレンビュー!

人気のコスメ情報やランキング、トレンドファッションをご紹介

寝付きをよくするには?方法5選

   

眠たいのに何故か寝れない。寝付きが悪いと次の日に支障が出たり、お肌にも悪かったりと良いことは一切ありません。

寝付きをよくするには?方法

そこで今回は「寝付きを良くする方法」たちをご紹介!

スッキリ睡眠で女子力もアップです♪

スポンサード リンク

 

寝付きをよくしてくれる方法5つ

暑苦しくて寝れなかったり、手足が冷えて寝れなかったり。寝付きが悪いのには必ず原因があるように、誰でも寝付きを良くする方法は存在します。

そんな寝付きが良くなる方法をご紹介していきます。

 

1:首周辺を温める

寝付きをよくするには?方法-首を温める

首は、人間の体の中でも特に寒さを感じやすい場所です。なので首が冷えてしまうと一気に寝付きが悪くなってしまいます。

冬はもちろん、夏場もクーラーなどの冷風で冷えてしまうので要注意。寝る前に首周り&肩を簡単に揉みほぐしたり温シップなどで首を温めてあげるようにしましょう。

 

2:光を避ける

寝付きをよくするには?方法-光を避ける

電気の光はもちろん、就寝時は携帯やスマホなどの光をなるべく浴びないようにしましょう。たとえスマホの光だとしても、脳が刺激され覚醒してしまうため一気に寝付きが悪くなることに。もし眠れたとしても1日の疲れが取れづらくなってしまいます。

就寝時には部屋の明かりは全て消して、さらにスマホなどを枕元に置かないなどしてベッドに入るようにしましょう。

 

3:カフェインを摂らない

寝付きをよくするには?方法-カフェイン

いつも寝付きが悪いという人の中にはカフェインが原因になっているケースが多くあります。

実はカフェインの脳の覚醒効果は約8時間。かなり長時間効果が続くため、寝る時間の8時間以内にカフェインを含むものを摂取しないようにしましょう。

 

4:アロマを使用する

寝付きをよくするには?方法-アロマ

アロマは種類によって様々な効果がありますが、寝付きを良くする快眠効果・リラックス効果を持ったアロマは就寝時に効果大。

初心者の方でも気軽に使用できる香りのオレンジやラベンダー、ゼラニウムやサンダルウッドのアロマがおすすめです。

寝る前に部屋内でアロマを焚くのはもちろん、枕元に数滴垂らすだけでも寝付きが良くなること間違いなしです。

*おすすめアロマ通販サイトは以下の過去記事からどうぞ*

「人気の100%オーガニックアロマは意外と安い?」

 

5:天然系の安眠サプリを使用する

寝付きをよくするには?方法-安眠サプリ

どうしても寝付きが良くならない。電気を付けていないと眠れないけど寝付きは悪い。そんな方々のための最終兵器なのが安眠サプリ。

安眠サプリといってもピンキリなのですが、天然素材を使用したものなら休息効果が高いためかなりおすすめです。

中でもおすすめなのが、天然植物の成分を使用していて、寝付きをよくして目覚めもよくする特許成分が配合された「nemlis(ネムリス)」という安眠サプリ。

とことん安眠にこだわられている一品なので品質は確か。ぜひ一度お試しあれ♪

*↓画像クリックでネムリス詳細ページへジャンプします*

 

▼美容ブログランキングに参加しています。応援クリックして頂けるとうれしいです!▼

にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ

 

←トレンビュー!TOPへ

スポンサード リンク

 - 健康系の知識 ,

  関連記事