トレンビュー!

人気のコスメ情報やランキング、トレンドファッションをご紹介

冬の乾燥してしまう髪の対策方法4選

   

寒い冬の季節、髪が乾燥しやすい!と悩みを持つ方も少なくありません。そもそも実際に「冬は髪が乾燥しやすい」というのは事実。ですがそれを対策するのは実は簡単なことなんです。

髪の乾燥の対策

そこで今回は冬の髪の乾燥の対策を厳選して3つご紹介。

ツヤツヤ髪を手に入れて女子力アップです!

スポンサード リンク

 

冬の乾燥する髪の対策ケア3つ

そもそも髪の乾燥やパサつきはなぜ起こるのか?を意識するようにするのが大事です。

,冬に髪が乾燥してパサパサになりやすい理由

髪が乾燥するとパサついてしまう原因は誰もが知っているキューティクルにあります。キューティクルは三重構造になっている髪のいちばん外側。巻き寿司でいうと海苔の部分。

そんなキューティクルは「刺激」に驚くほど弱く、乾燥や熱でじわじわキューティクルが剥がされパサパサになってしまうという仕組み。

そんな乾燥髪の対策ケア方法を1つずつご紹介していきます。

 

1:シャンプーを1日1回にする

髪の乾燥の対策-シャンプー

実は毎日のシャンプー(洗髪)のやりすぎは髪の感想を加速させてしまうのです。朝と夜の2回シャンプーをするという方は要注意。

シャンプーは洗浄力が強いものほど頭皮の皮脂を落としてしまいます。実は頭皮の皮脂は髪の毛全体に流れて、キューティクルと同じようにバリアの役割をおこなってくれる大事な存在。

なので1日2回以上のシャンプーはバリアを壊しているようなもの。シャンプーは1回にして、頭皮&髪の乾燥を防ぎましょう。

 

2:ブラッシングを工夫する

髪の乾燥の対策-ブラッシング

まずブラッシングは、髪の乾燥やパサつきを左右する大事な行為だと覚えておきましょう。ブラッシングは、すればするほど髪に静電気を与えて、逆に乾燥を手伝ってしまうのです。

最初に大事なのはブラシ選び。一番理想なのはブラッシング専用のブラシ。そうでなくても、ナイロン系や獣毛系、木製のブラシあたりは目が細かくない上に静電気を発生させにくいのでかなりおすすめ。

逆にクシなどの目の細かいものは静電気を発生させやすい&キューティクルを傷つけやすいので注意が必要です。

そしてブラッシングのしすぎは絶対NG。毎日髪を傷つけているようなもの。髪が濡れた状態でのブラッシングもかなり傷むのでやめるようにしましょう。(髪ほつれをほどく程度の濡れならOKです。)

 

3:洗い流さないトリートメントを使用する

髪の乾燥の対策-トリートメント

髪の乾燥の対策ケアで一番効果が高いのがこれ。スキンケアと同じで、毎日洗い流さないタイプ(アウトバス)のトリートメントでヘアケアしてあげるだけで明らかに変わってくるはずです。

特に実際に人気のトリートメントは確かな乾燥ケア効果・ツヤツヤ効果が高いので試す価値ありです。

どれを買えばいいかわからない!という方は、洗い流さないトリートメントのおすすめアイテム記事があるのでそちらを参考にしてみてください。

関連記事はこちら→>>ヘアケアで人気おすすめなトリートメント3選<<

 

いかがでしたか?冬にありがちな髪の乾燥はシャンプーやブラッシングに気をつけてしっかりトリートメントするだけで十分対策できます。しっかりケアしてツヤツヤ髪を手に入れちゃいましょう♪

 

 

←トレンビュー!TOPへ

スポンサード リンク

 - 髪・ヘアケアの知識 ,

  関連記事