トレンビュー!

人気のコスメ情報やランキング、トレンドファッションをご紹介

日焼けあとを消す方法3つ

   

紫外線が強くお肌が焼けやすい春夏。油断していると気づいたころにはくっきりと服やサングラスなどの日焼けあとが!なんてこと多いですよね。

日焼けあとを消す方法

そこで今回は「地味にイヤ~な日焼けあとを消す方法」を厳選して3つご紹介。

気になる日焼けお肌をキレイにして夏のおしゃれを楽しんじゃいましょう♪

スポンサード リンク

 

日焼けあとを消す方法たち3選

まずは、日焼けあとはそもそもどのようなものなのかを知っておくのが大事です。といっても皆さんご存じの通りその正体は紫外線。

1年を通して日焼けあとが発生し始めるのは大体4月の中頃から。紫外線がグッと強くなる時期なので、「毎年4月に入れば日焼け止めクリームを使い始める」ということを意識しておく必要があります。

それを踏まえた上で、日焼けあとを消す方法をご紹介していきます♪

 

1:美白コスメはNG?毎日のケアは化粧水で

日焼けあとを消す方法_美白コスメ

日焼けあとを消す方法として、多くの人が最初に思い浮かぶのが「普段使いの美白コスメを使う」というもの。実はこれは是一帯にやってはいけないNG行動なんです。

というのも、日焼けしてしまった後のお肌は軽いやけど状態乾燥のようなもの。しかも乾燥しきっていて炎症が起こっているのでかな~りデリケートなんです。そんなときに美白コスメを使おうものなら、美容成分たちが強い刺激になってしまいさらに悪化してしまうなんてことに。

なので消す方法としておすすめなのは美白コスメや美容液なんかよりも、とにかく化粧水!日焼けあとは太陽の高熱でひどく乾燥した状態になっているので保湿が超重要なのです。

毎日お顔のスキンケアをするついでに、気になる日焼けあとを化粧水だけでケアしてあげればOKです。

ちなみに日焼けから3~4日目は最もヒリヒリする期間なので、刺激が弱いお肌にやさしい化粧水を使いましょう♪

 

2:熱いお風呂は避けてぬるま湯でケア

日焼けあとを消す方法_お風呂

美容系のサイトによっては、日焼けあとを消す方法として「お風呂につかってしっかり温まる」と紹介しているケースをよく見かけます。実はこれは大間違い。この方法を毎日行ってしまうと治りが遅くなる可能性が出てきます。

というのも、上でも言ったように日焼けは軽いやけどをしているのと同じ。なので温めるよりも冷やすことが日焼けを消す第一歩となるのです。熱いお風呂につかるのは絶対にダメ。

ですが一つ注意点。日焼けあとを冷やすと良い!と言っても、氷水のようなめちゃくちゃ冷たいものを使用するのはNG。血管が縮んでしまうので消えるのが遅くなってしまうのです。

最も良い方法は、人肌程度のぬるま湯のシャワーを浴びること。こうすることで日焼けあと部分の温度を上げることなく血行促進ができるため、消えるのが早くなるという仕組み。

お風呂につかるのもぬるま湯だったらOKです。そして日焼けあと発生中は刺激に弱い状態なのでシャワーの水圧は弱めに♪

 

3:日焼けあとを消す専用アイテムを使う

日焼けあとを消す方法_専用

日焼けあとを消す方法たちの中でも一番近道で最終兵器になってくれる方法がこれ。「日焼けあとをとにかく早く消したい!」というときや、「日焼けあとのない美白肌になりたい」という方はこの方法が最も効果ありです。

いわゆる“日焼けあとを消すために作られている専用コスメ”を購入して毎日使うというかなりシンプルな方法なのですが、実はこういったアイテムがなかなか存在しない…。

そんな中、実際に有名でおすすめなのが、SiBODY(シーボディ)の『ミネラルボディシャインジェル』という日焼けあと専用ジェル兼美白美容液。

とにかく日焼けあとやお肌の黒ずみを消すために開発されたアイテムで、顔はもちろん全身に使用可能な点がなんとも高評価。

日焼けあとを消す方法として使えるだけでなく、美白美容液としての機能・効果も持っているのでかなりおすすめですよ♪

*↓画像タップでミネラルボディシャインジェル詳細ページへジャンプします*

【イルコルポ ミネラルボディシャインジェル】

 

いかがでしたか?日焼けあとを消すのはある程度の「時間」が必要です。今回ご紹介した方法たちでできるだけ早く消すことができると思いますのでぜひ一度お試しあれ♪

 

←トレンビュー!TOPへ

スポンサード リンク

 - 肌トラブルの知識

  関連記事